• 建設費改善コラム
  • 社長のつぶやき Ameba facebook twitter

耐震補強を考えている !

TOPページ > 耐震補強を考えている !

東日本大震災以降、地震に対する対策の進め方について様々な面から検討が開始されており、特に建築部については新耐震基準を満たしていない建築物に関して早急な対策が求められている状況にあります。東日本大震災で受けた実際の被害状況を検証してみると、新耐震基準を満たしていない旧耐震基準の建築物に被害が集中しており、耐震基準の重要性が再認識されたように思われます。

その現状において、今後、そういった耐震基準を満たしていない多くの建築物をどのように改修していくのかという点について大きな課題となっています。

建築物の耐震について「耐震診断・耐震設計・工事」という一連の流れの中で、プロジェクト管理とコストの適正化に関し、サポートやアフター管理をさせていただきます。

耐震診断・耐震設計・耐震工事にもコンストラクション・マネジメントを活用しましょう!

CASE 1

北浦和にある賃貸マンションの耐震に関する診断から工事までをトータルでマネジメント。
築古のマンションだったためオーナー様も地震に対する不安から弊社へご相談いただきました。
埼玉県の耐震に関する助成事業の第一号案件だったようです。

ACTION

1,耐震診断 

2,耐震設計

3,耐震工事

耐震診断、耐震設計は大変重要な業務です。そして更に重要なのが工事内容とコストのバランスです。
今回は壁にスリットを入れて柱にかかる負担を軽くするという耐震設計でしたので、スリット工事、それに伴う給排水設備機器の移動工事、換気設備の移動工事、シーリング工事に対しそれぞれ競争入札を行い最適工事額を算出し、オーナー様へ見積提出をしました。

実際の作業風景

どのような工事にも対応し最適工事額を算出できるマネジメント手法ですので、
耐震についてお悩みの方は遠慮なく、建築費.comにご相談下さい。
メールでのお問い合わせはこちら

▲ページのトップに戻る