• 建設費改善コラム
  • 社長のつぶやき Ameba facebook twitter

建設費改善コラム

TOPページ > コスト虎の巻一覧 > 社長ブログ > 不動産の売買マーケットから感じること
社長ブログ 建設費とコンストラクション・マネジメント 建設費コストダウンのテクニック 土地活用
新築不動産投資着工までの流れ他 統計とコンストラクション・マネジメント 用語集 建設費と坪単価
その他

社長ブログ

2012/11/13

不動産の売買マーケットから感じること




今回は、最近の売買マーケットを見て感じたことについて書いてみたいと思います。

仲介を専門としている企業にとっては「モノ」が動くことで商売に繋がっていきます。ここ数年は「モノ」の動きが鈍く、厳しい状況が続いていると風の噂で聞こえてきたりしています。

マーケットが下がる時は急ぎ売りをしなくてはならない人が現れ、資金力のある人が割安感のある価格で購入する事例が目立ちます。

逆に、マーケットが上がる時は資金調達もしやすい環境にあることが多く、資金力に乏しい人でも転売益を目指した購入事例が増えます。

ここ数年を思い返すと、マーケットは上がりもせず、下がりもせず。

悪くはないものの良くもない状況が続いてきました。

そのような中、購入したい人は資金力のある人、売りたい人も余裕があって安売りする必要のない人ばかりだったように思います。

お互いの目線が平行線をたどり、仲介会社が頑張っても価格を合意させることができません。

ただ、買わなくてはならない人も一定数いることも確かです。

例えば、30億円を超えるオフィスビルなどの売り物が少ない中、REIT、私募ファンド、電鉄系・商社系・銀行系不動産会社が積極的に買いにきており、かなりの金額で落札された事例も見受けられます。

相続対策案件としては築浅レジが一般的に好まれ、数億円未満の築浅レジが奪い合いになったりする事例が多いことも聞こえてきます。

マーケットがよくても悪くても相続対策をしなくてはならない人が、後から後から湧き出てきます。このような方々は「ローンを深く引いて買わなくてはならない」ので、マーケット状況とは関係なく、築浅レジの取引を希望し、実際に取引がされていくようになります。

長期保有前提とはいえ、売却しなくてはならなくなることがあるかもしれないのが不動産です。

マーケットに左右されにくく、流動性が高い築浅レジを保有するのが安全なのかもしれないですねと結論づけた今回のコラムでした。

株式会社ニーズ・コーポレーション
代表取締役 芹澤 豊宏
株式会社ニーズ・コーポレーション
建築費の改善なら『建築費.com』
工事会社様の登録はこちらから『プロジェクトマネージャーズ.jp』


  << Prev   Next >>

一覧へ戻る

▲ページのトップに戻る