• 建設費改善コラム
  • 社長のつぶやき Ameba facebook twitter

建設費改善コラム

TOPページ > コスト虎の巻一覧 > 建設費コストダウンのテクニック > 工事項目を細分化し、その項目毎に見積を集めてみる
社長ブログ 建設費とコンストラクション・マネジメント 建設費コストダウンのテクニック 土地活用
新築不動産投資着工までの流れ他 統計とコンストラクション・マネジメント 用語集 建設費と坪単価
その他

建設費コストダウンのテクニック

2014/6/25

工事項目を細分化し、その項目毎に見積を集めてみる

外壁塗装工事は一般的には工事項目として一つの工種・工事と思われがちですが、実は複数の工種・工事項目(専門工事会社)に分かれています。


0、元請工事会社

1、足場工事(足場を組む工事)

2、下地補修工事 (下地のひび割れ等を補修する工事)

3、洗浄工事(外壁、屋根の汚れを水やお湯で洗浄する工事)

4、シーリング工事(外壁や窓廻りのシーリングをやり直す工事)

5、塗料納入(外壁塗料の納入)

6、吹付け工事(外壁塗料を外壁に吹き付ける工事)

7、鉄部塗装工事(鉄部の錆落しから新規塗装の工事)

8、現場経費・一般管理費(元請け工事会社の経費)


0の元請け工事会社は1〜7を統括し、現場管理やアフターなどに対応する統括責任者の役割を担います。

外壁塗装工事でも上記の通り複数の専門工事会社が絡んでいます。

1〜7の専門工事会社に対し、透明性のある競争入札に参加してもらうことで、全体工事費のコスト改善・圧縮の可能性が高まります。

上記には記載しておりませんが、仮設工事というものあり、その仮設工事の査定もコスト改善に繋がります。

更に、どのような修繕が必要かということを調べる「調査・診断」業務に関しても、管理会社や工事業者任せではなく、不動産所有者側の立場で判断できる第三者を活用した方が良いと思います。

工事金額、工事内容の不透明感を解消するためにも第三者の存在は大切ですね。

発注者サイドでアドバイスを行うアドバイザーの存在が今後益々重要となるでしょうね。

株式会社ニーズ・コーポレーション
代表取締役 芹澤 豊宏

工事項目を細分化し、その項目毎に見積を集めてみる

※右の写真をクリックすると、
上の写真が切り替わります。

sample

    Next >>

一覧へ戻る

▲ページのトップに戻る