• 建設費改善コラム
  • 社長のつぶやき Ameba facebook twitter

建設費改善コラム

TOPページ > コスト虎の巻一覧 > 社長ブログ > サクラダ・ファミリア完成間近
社長ブログ 建設費とコンストラクション・マネジメント 建設費コストダウンのテクニック 土地活用
新築不動産投資着工までの流れ他 統計とコンストラクション・マネジメント 用語集 建設費と坪単価
その他

社長ブログ

2014/10/7

サクラダ・ファミリア完成間近

スペイン・バルセロナに旅行すれば必ず訪れるといってもいいくらい有名な観光名所の一つといえばサクラダ・ファミリアです。

知っている人も多かと思いますが、このサクラダ・ファミリアは1882年に着工し、未だに建設が続いているという世界的に見ても珍しい建築物です。

設計を手がけたのは建築を志す人でなくても一度は耳にしたことがあるほど有名な建築家のアントニオ・ガウディで、今年で彼の死から、はや90年が経とうとしています。

通常ならば未完の建築物としてそのままにされるか、なくなってしまうところですが、そうでないのがこの建築物のすごいところで、彼の死後1936年のスペイン内戦で図形や模型などが消失したのにも関わらず、未だに建設が継続されているというのだから本当に驚きです。

ガウディは建設当初から、世界中の人達がこのサクラダ・ファミリアを見に来るようになると予言しており、この建築物が他に類を見ないものになるという絶対の自信を持っていたと言われています。

スペイン内戦後には一時期、建設が滞るようになっていたのですが、スペイン市民の寄付によって再び建設が開始され、今では「サグラダ・ファミリア聖堂贖罪聖堂建設委員会財団」が設立され、観光客の入場料を財源として建設が続けられています。

そして、このサクラダ・ファミリアに関して先日驚くようなニュースが流れました。

なんと、竣工をガウディ没後100年となる2026年に合わせているとのことなのです。

1950念頭書には300年かかると言われていた竣工時期も、現代建築の技術や工法を最大限に利用して、工期を短縮すれば不可能ではないとのことなのです。

そうなれば、まさに過去と現在の匠の力が融合した結晶とも言うべき建築物となりそうですね。

完成予想動画

株式会社ニーズ・コーポレーション
代表取締役 芹澤 豊宏

サクラダ・ファミリア完成間近

※右の写真をクリックすると、
上の写真が切り替わります。

sample

  << Prev   Next >>

一覧へ戻る

▲ページのトップに戻る