• 建設費改善コラム
  • 社長のつぶやき Ameba facebook twitter

大規模修繕を考えている!

TOPページ > 大規模修繕を考えている!

マンション、ビル、住宅などすべての建物には大規模修繕工事がつきものです。

その修繕工事にかかる費用負担を軽くする方法があります。

しっかりとした現地調査を行い、その調査内容を適正に反映した修繕計画を作成し、そして適正価格で工事会社へ発注するという一連の流れを無駄なくスムーズに進めることが重要なポイントです。

サービス導入の流れ

調査・診断→設計→発注・契約→品質監理

調査診断

大切な資産である建物の状況を的確・正確に調査し、建物の現状を診断。建物ドクターとして適正な措置を講ずるための診断書を作成いたします。

1.現地調査を行います

  • ・アンケート調査(劣化、不具合箇所を事前調査)
  • ・立ち入り調査(主にバルコニー、給排水配管等の劣化状況確認)
  • ・目視調査(外壁、内壁、屋上、諸問題、外構等)
  • ・機械調査(塗膜付着強度試験、コンクリート中性化測定等)

2.チェックポイント

  • ・必要があれば再度精密検査を行います。
  • ・適正な修繕を行うための診断書を作成いたします。
  • ・報告会を開催し内容の確認を行います。

設計

前段の診断書をもとに、診断書に沿った設計を行い、方向性の確認を行います。

1.調査結果に基づき、基本設計を行います

2.基本設計が決定後、実施設計を行います

  • ・工事範囲、内容、仕様、工法を検討の上、特記仕様書や設計図書を作成します。
  • ・実施に必要な積算を行い、工事項目、数量を算出し、見積内訳明細書を作成します。
  • ・設計内容に改善部分があれば逐一改善(VE)を行います。

発注・契約

不透明な建築費の算出にコンストラクション・マネジメントを活用することで、投資コストの抑制が実現可能となります。工事会社選定段階で参画をしますので、設計者がどなたであっても構いません。投資コストの合理化は事業成功のキーポイントです。

工事発注者のエージェントとして、弊社コンサルタント(CM)が工事会社を選定や見積折衝を行います。

工事発注者と工事会社の間に入り、従来、知識と情報があまりない 建築主(素人)と総合建設会社(玄人)の間で片務的に行われてきた商慣習を打破し、工事発注者の立場に立ったコンサルティングを行います。工事発注者の エージェントとして、建築費の折衝や工事会社の業務内容・会社内容の確認などを行い、工事発注者の事業目的に最適な工事会社の選定を行います。

選定業務(専門工事会社決定フロー)

品質管理

工事会社の技術者と共同して更なる設計改善や品質監理を行います。施工のプロ達の力を借りることで、より実践的で踏込んだ改善・監理が可能となります。

工事会社がもっているVE提案を引き出します。 VEって何?

設計内容にとらわれず改善の提案を受け入れ、品質の向上に努めます。

▲ページのトップに戻る